写真教室の体験に行ってきました

ネットで探すと結構あるんですよね。

写真スクールの体験って・・・

まあ費用もそんなにかかりませんし、

乗馬と違って、カメラは既に持っているので

こちらは結構お気軽な感じで申込みました。

 

 

写真スクールに行ってみようと思った理由

 

上手いヘタはともかくとして、

写真を撮ること自体、わりと好きで、

初めて一眼レフを手にしたのは、

EOS kissの2代目くらいのカメラだったと思います。

 

その後、家族がわりとカメラを買うのに好意的な

こともあって、マクロ用のレンズ、広角レンズ、

EOS kissの7、富士フィルムのミラーレスなど

ある種、順調に機材だけは増えていきましたが(苦笑)、

 

多分、いや恐らく・・・持っているカメラに備わっている

性能全部を全く使いこなせていないという自覚があったので

それを何とかしたいと思ったのが、

写真スクールに行ってみようと思った理由です。

 

 

その写真スクールを選んだ理由

 

色々と探してみたのですが、

結局、行くことに決めたのは

下北沢にある下北アートスクールというところです。

 

ここに決めた理由はこんな感じです。

 

1)ちょこちょこ通える距離にあったこと

2)値段がリーズナブルだったこと

3)講師とのマンツーマンだったこと

4)時間が1コマ、1時間半と濃密そうなこと

5)写真以外に、絵画、DTP、Web系のコースもあること

 

 

参加してみての感想

 

1)通いやすさ

 

実際には下北沢の北口を出たら

もうアートスクールが入っているビルが

目の前に見えているのでめっちゃ便利です。

 

しかも、1回がピーコックだったかな?

ここで飲食類が手に入りますし、時間調節用に、

本屋さんとファッションセンターしまむらが

テナントとして入っているのも高ポイントです。

 

2)値段

 

最安値をうたっているところがいくらだったか

具体的な金額を忘れてしまいましたが、

教室によって1コマの長さが違ったりしますので、

同じ時間換算だと、多分、ここはかなり安いはずです。

 

3)受講人数

 

「マンツーマンであること」

これが、私の中で一番惹かれたのポイントでした。

10人くらい一緒の体験だと、

まあお気楽といえばその通りかもしれませんが、

なかなか質問もカンタンに出来ませんし、

受けに来ている人の目的もレベルも全然違うので

ここに本格的に通っていいのかどうかの判断が

できないと思ったためです。

 

結果として、予想は大当たり!

やっぱりマンツーマンにかなうものなんかないです。

 

もちろん、講師の方との相性はあると思いますが

こちらのスクールには3~4人ほどの講師の方が

在籍しておられるので、

より自分に合う講師と巡り合うチャンスがあるはずです。

 

 

4)レッスンの濃密さ

 

これはマンツーマン制であることと関連してきますが、

スクールに来た目的や、本人のレベルにあわせて

説明内容を変えて下さるので

おそらく知っているであろうことはさらっと流して

そうでないことは、詳しく説明してもらえるというように

メリハリが聞いていて、無駄になる時間がありません。

 

 

5)写真コース以外の選択肢の存在

 

私の今の画力はというと、

ダウンタウンの浜ちゃんくらいのなんですよ。

謙遜じゃなくてね。。。

 

そんな私ですが、

小学生のころはなぜか絵が大好きで

絵画教室に通わせてもらったりして、

「賞」をもらったりしてたんですよ。

 

それが、中学校に入ったころからどうでしょう。

あんなにスラスラ迷いもなく描けていた絵が

全く描けなくなったのです。

 

当然、絵自体も好きではなくなりましたし、

絵を描く機会もめっきり減って、

気がつくと浜田画伯になっていたというわけです。

 

 

今さらやっても無駄だろうとは思いつつ

何とかコンプレックスの解消くらいしたい

という気持ちもあって、

絵画教室に行ってみたい気持ちを

ここ1~2年持っていました。

 

そこで、ある日勇気を出して

「世界堂」の絵画スクールに見学に行ったのですが

生徒さんのレベルを目の当たりにして、

すっかり怖気づいてしまいました。

 

その点、このスクールはデッサンも

マンツーマンで教えて頂けるので、

ギョッとする凄いモノを描いても、

まあ講師には呆れられるかもしれませんが

他の人に見られる心配が一切ないのが魅力です。

 

この日は、お話を伺っただけですが、

ちらっと他の生徒さんのデッサンの上達具合を

見せて下さったのですが、

もしかして私でも何とかなるかもという

淡い期待を抱かせるものでした。

 

 

写真とデッサンの先生が同じなのが

体験前から不思議に思っていましたが、

カメラマンとして仕事をされている方のようですが、

もともと「「美大」出身なのだと聞いて

あああ・・・なるほど・・・と納得しました。

 

1ヶ所で、写真も絵画も習えるというのは

私にとっては非常に有難い話ですが、

他の生徒さんもそれは同じのようで、

複数のコースを受講されている方が

結構いらっしゃるようです。

 

近ごろは、小さい会社でも自社サイトを持つのが

当たり前になってきているので

サイト制作、写真撮影、加工、文章を書くなど

とにかく1人で広い範囲をカバーすることが

求められているので、それも納得の結果でしょうか。

 

 

とりあえず、

写真に関しては、見て欲しい写真がたまったら

アドバイスをもらう形にして、

デッサンに関しては、イチから教わるつもりで

年明けからの受講を決めました。

 

成長の記録を残すという意味と、

私と同じような人に勇気を与えるために

描いたデッサンはできるだけ公開して行こうと思います。

 

コメントを残す