乗馬レッスン(3鞍目、4鞍目)

前回ご説明受けた流れにそって、

初めて一人でレッスンを受けてきました。

 

レッスン内容としては、

1~2鞍目と同じく「常歩」・・・

そして、ほんのちょっとの「軽速歩」です。

 

 

3鞍目

 

前回指摘があった、脚に力が入り過ぎる点に

注意しつつ乗ってみました。

 

脚でぎゅっと挟むのではなく

馬の背にやじろべえのように

鐙が外れない程度に脚をぶらぶらさせる

イメージでやってみましたが、

今日のインストラクターの方は

メンバーの誰に対しても姿勢等の指摘が全くなくて

馬のうんちくをただ語ってる状態。。。

 

 

おまけにレッスン後のミーティングもなしで

これも「1鞍」かよーーーーー!!

と言いたくなってしまいました。

 

ああ・・・こういうタイプの人もいるんだなあ~と

別の意味で勉強になりましたよね。

 

 

4鞍目

 

この回は、ちょっと参加者が少なめでした。

 

心の中で、

「ラッキ~」

「うふふ、しめしめ・・・」

と、思いましたね。

 

さすがに姿勢のチェックくらいしてくれるだろうとね。

 

で、実際どうだったかというと

今回は正解でしたね。

 

 

まあ、インストラクターの方が違うので

そのせいかもしれませんが、

今回はちゃんと見て下さいました。

 

前回よりはマシになっているようですが、

注意を忘れていると、

やはりちょっとクセが出てしまうようです。

 

「姿勢は何点くらいですか?」

と馬上からインストラクターの方に聞いてみたところ、

「う~ん、70点」

だそうです。

 

まあ、完全にお世辞込みでしょうから、

実際にはまだまだなんでしょうね。

 

数回、軽速歩をやるチャンスがあって、

立つ・座るをやってみましたが

前にバランスを崩してしまいました。

 

家に帰ってから、

他の人の軽速歩をYoutubeでみましたが、

腰の高さは人それぞれですが、

それでも、腰を浮かすという程度であって

あたりまえですが、

馬上で仁王立ちしている人なんかいないんですよね(笑)

 

普通に「軽速歩」が出来ている人からすれば

何言ってんだこいつ~みたいな

ビックリするような話かもしれませんが、

「立って、座ってしてみて」と言われたので

バーーーンと直立してしまってました。

 

で、思いっきり立ってますから

当然、座るのにも時間がかかるわけで

結果として、座るべきタイミングで座れないし、

また、座る位置が安定しないことから、

バランスを崩してしまっているのではないかと

自分では思っています。(違うかな・・・)

 

その時の様子を動画で撮っていたら

良い記念になったでしょうし、

後々、相当笑えたと思うのですが、

あまりに恥ずかしくて、直視できないかもしれませんね。

 

 

Amazonで評判の良さそうな乗馬の本を

何冊か注文したので、

それを読んでから次回のレッスンに臨みたいと思います。

 

コメントを残す