ファーストレッスンです(1鞍目、2鞍目)

とうとう入会の申込みをしてきました。

入会金は、体験の時のお約束通り「半額」です。

 

 

入会時に支払う金額

 

クラブによって多少違うかもしれませんが、

私が入会したところはこんな感じです。

 

1)入会金(5万)

2)月会費2か月分(3万)

3)騎乗券(10枚つづり1.5万)

4)保険(任意)(10枚つづり、2千円)

5)ガイドブックや記録帳など

 

で合計12万円ほどになりました。

 

いちおう入会から1ヶ月内なら

支払った金額をすべて返金してもらって

退会できるというサービスがあるようです。

 

まあ、確かに1回の体験で

それなりのお金を払って入会を決める

という自体、ちょっと無理な話ではあるので

これは会員にとっては良い制度だと思います。

 

もちろん、クラブとしては

そういう制度は作りたくないのが本心でしょうが、

そういう制度があることで

安心して入会する人>離脱する人

であるならば、ハードルを低く設定することに

スクールとしても一定のメリットはあるのではないかと思います。

 

 

1鞍目

 

1鞍目といっても、これは実際のレッスンというよりも

ガイダンス的な意味合いが強いものです。

 

つまり、次回レッスンに来た時にどのような流れに

なるかを体験させることが目的なので、

時間自体は通常より短めです。

 

スクール到着からレッスンまでの流れは

おおよそこのような感じとなります。

 

1)受付で、チケットを使ってレッスン代を支払う

2)ロッカーのカギを借りて着替える

3)その日に自分が乗る馬の名前をモニターでチェック

4)馬がいる場所へレッスンの約30分前に集合

5)インストラクターさんに手伝ってもらって馬具装着

6)全員が準備できたら、自分で馬を引いて馬場へ移動

7)グループのメンバーが順番に騎乗

8)全員騎乗したら、レッスンスタート

9)45分のレッスン終了

10)1人ずつ馬から降りる

11)全員が降りたら、馬を引いて元の場所へ戻る

12)馬具をはずす

13)ミーティング(時間によっては省略)

14)解散

 

ざっと、こんな感じです。

 

スクールの近くに住んでいる人の方が稀なので、

せっかく時間をかけて来たのだからと、

1回行くと、2レッスンとか複数回受ける人も多いようです。

 

 

2鞍目

 

実際、入会したこの日に、もう一コマ受けたのですが、

まだ超初心者コースのせいかもしれませんが、

そこまでの疲労感はなかったので、

多分、2回くらいなら普通にいけると思います。

 

ガイダンスも1鞍と数えるようなので、

もう2鞍乗ったことになりますが、

まだまだ姿勢をチェックしながらの

「常歩」(なみあし)といういわゆるトコトコ歩きです。

 

円になって5人くらいがぐるぐる回っているので、

1人が止まってしまうと、全員ストップしてしまいますし、

合図の出し方も良くないのだと思いますが、

うんともすんとも動かない馬がいるんですよね。

 

これで練習になるのかなあ・・・

と一抹の不安が頭をよぎります。

 

常歩での私へのアドバイスはというと、

脚に力が入り過ぎなのでもっとゆる~くだそうです。

 

ゆるゆるの人と、

キツキツの人に分かれるみたいですが、

私の場合、いまのところ完全に「後者」のようです。

 

脚で馬をギュッと挟むのだとばかり思っていたのですが

これは大間違いだったようですね。

 

最初からそう言ってよ。

と思うのですが、

とりあえず歩かせてみるということなのでしょうかね。

 

次回のレッスンでは、

少なくともそこは直していきたいと思います。

 

は~何かいろいろと初めてのことだらけで

気持ちも身体も疲れたわい。

 

コメントを残す